サブリースの落とし穴

空室で悩む必要がないサブリース(一括借り上げ)は、アパートやマンションといった賃貸経営の仕組みの一つで、色んな場面で話題になっていますが、入居者に直接貸す賃貸経営とはまるっきり違うものなので、若葉マークの人には向きません。

家主側から見ると、サブリース(一括借り上げ)は空室対策を考慮する必要がなくなるなどの優位性がありますけれども、家賃が契約更新で安くなっていったり、メンテナンス費用はオーナーが支払う必要があるといった難点もあると思ってください。

不動産投資とは、一般的に家賃としての収益を手にすることですが、収益を維持させるには物件の維持が決め手になると言ってもいいでしょう。そうは言ってもその整備業務など、殆どのことは不動産会社に業務委託することができます。

不動産会社もしくは管理会社にお任せできるので、マンション等の不動産の賃貸経営は手間ひまかけずに稼ぐことを現実にしてくれるのです。「サラリーマンはそのままで、賃貸経営の方も利益をあげている」人が結構見られるのは、そういうわけなのです。

アパート経営を不動産投資に選べば、思ったよりも少ない資金で始められ、入居者数分の家賃を得ることができるので、投資効率の良い不動産投資として取り組む人が増加してきたそうです。

不動産投資の場合、物件を実地で調べた回数が重要です。だから、始めたばかりの頃はしょぼい物件ばかりで嫌になるかも知れませんが、とにもかくにも資料請求を行うということは大きなプラスになります。

不動産投資においては、頼れる営業担当と付き合うことほど望ましいことはありませんから、資料請求をきっかけに担当の人と接点ができるのは、大層意味のあることです。

不動産投資関連の資料請求をしたが最後、「しつこく営業をかけられる」などと思ってしまうかも知れません。ところが資料請求程度のアクションがあっても、営業スタッフもアプローチすべき相手と受け止めることはないのです。

マンション投資については、建物が長いこと使用可能であることなども魅力なのですけれども気になる物件があれば、先ず大きな修繕の時に使用する修繕積立金は安心できる状況かを調査することは必須だと思われます。

アパート経営をした場合、最低限定期的に4世帯や6世帯の賃貸料を得ることができるので、投資をするにしても、マンションへの投資と比べて利益率は高いとされます。

資金の運用ができる収益物件には、毎月の家賃という収入以外に、買った値段より高い値段で売り払って儲かるような物件も見受けられます。家賃などの形で得られる利益は預金利息と同様の「インカムゲイン」、アパートなどを売った時に得られる利益は資産の価格変動によるものとして「キャピタルゲイン」と呼ばれることもありますので、区別できるようにしておきましょう。

海外不動産投資は随分関心をそそりますが、投資対象の不動産がある国の国内法であるとか取引の特殊性などをちゃんと把握しておくことが求められますので、やってみたことがない人には危険が大きすぎると言えます。

収益物件の良し悪しを判断する際には、納得できる利回りであるかどうかを重視しながら、貸借人からどう見えるかも考えるようにしてはいかがですか?要するに、庶民的感覚を忘れてはいけないのです。

現在アパートやマンションに投資する不動産投資は、証券への投資より確実性のある資産形成法として支持されていますが、そういう社会情勢を証明するかのように、不動産投資セミナーがしばしば開催されているのだそうです。

主要都市では不動産投資に力をいれている業者が企画した不動産投資セミナーがよく開催されていて、だいたい参加料も支払うことなく参加することができます。その都度受講者も多く、活況を呈しています。